生地を濃く染め上げるための【濃色前処理剤】は必要?実験してみましたPart-1

PeaceDye(ピースダイ DIYキット)には【濃色前処理剤】入っています。

これは

濃く染めるために用いる植物性たんぱく質によるコーティング剤。

吸収力がよくなるだけでなく、自然な色に染まります。


と説明しているのですが、実際はどう違うのか?実験してみました。

今回はヘンプ100%のストールを使いました。

1枚はそのまま。

1枚は(右側バケツ)お湯によく溶かした【濃色前処理剤】入れ30分浸しておきます。

色材を溶かした液(手前)と媒染剤液(奥)を用意します。

染める色は、

PEACEDYE ピースダイ DIYキット ㉕藤鼠(パープル)を使用しました。


【濃色前処理剤】に浸したストールは軽く水洗いして絞っておきます。

そのままの方もまんべんなく濡らし絞っておいて下さい。

(ムラをふせぐためです)

色材に入れ、2分間よく浸しモミします。


媒染剤液に入れ、1分間浸して下さい。

媒染とは、布の繊維と植物の色素を結び付けて、発色、定着させる働きがあります。


この後再び色材を入れたバケツに戻し、約2分間入れ浸して下さい。

媒染の効果で、色合いがより鮮やかになります。

染め上がり直後、濡れた状態のものです。

きれいな藤色に染まり上がりました!


左の方が濃く見えますよね?

実は濃い方が【濃色前処理剤なし】の方なのです( ;∀;)

あれ!?説明とちがう~~~~

という実験結果になってしまいました。


今回のストールでは、

先に色材液に浸け、媒染した方が濃く染め上がりました。

同じ条件なら変わったのか・・・?

そもそも【濃色前処理剤】は必要ではないのか・・・?

疑問に思ったのでもう1枚、別の素材で実験してみました!

良かったらこちらも参考に見てみて下さい(^^)



0コメント

  • 1000 / 1000