生地を濃く染め上げるための【濃色前処理剤】は必要?実験してみましたPart-2

前回、ストールで実験してみたところ・・・

【濃色前処理剤】って必要なの?本当に濃く染まるためのものなの?

という疑問を持ったので

今回は別の素材で実験してみました。

今回染めるものは、トレーナ×ニットのトップスです。

古着のため、ややくたびれ感があるのはお許し下さい(^^ゞ

素材表記のタグもなぜか!?なくなってしまってましたが、

綿素材がメインに化繊(アクリル)が入ってるものだと風合いから思います。


バケツに【濃色前処理剤】を入れ、よく溶かした液に

3分の1(裾側と手首側)を浸け、30分置きます。

色材液を作ります。

今回は、PEACEDYE ピースダイ DIYキット ⑯藍色(ダークブルー)を使用しました。

こちらは、粉(ログウッド)の量もあるので、よく混ぜないと粉々しい部分が残ってしまいムラになるので、よ~く混ぜて溶かして下さいね。


媒染剤液(左のブルーの液)と、手前ニット【濃色前処理剤】に3分の1浸けたものを軽く洗い絞ったものを準備します。


色材液にニットを入れ、2分間浸しモミして下さい。


色材液から出し、媒染剤液に入れ約1分間浸します。

ここで色が藍色に変化する様子はとても楽しいです(^^)


媒染剤液から再び色材液に入れ、色をより鮮明にします。


※作業中、どうしてもまわりに液が飛び散ります( ノД`)

なるべく早めに拭いて頂ければとれますが、

拭いてとれない場合は中性洗剤をつけて拭いて下さい。

(バケツもこれできれいになります)

それでもとれない場合は、漂白剤などを使用するとキレイになります!


はい!染め上がりました。

こちらはわかりやすく!?ムラになりました(^^ゞ

やはり【濃色前処理剤】浸した部分が濃く染まりました。

(色材液に入れてる段階から色が違ったんですよねぇ~)

実は、キレイなグラデーションになることを期待したのですが、

そうはいかなかった( ;∀;)

染め上がりの濃さの違いわかるでしょうか?

やはり【濃色前処理剤】に浸した方が、キレイな藍色になってます。


今回染めたニットは、化繊が入ってるので薄く染め上がりましたが、

綿100%だともっと濃い藍色(濃紺)になります。

ですが、今回のニットのように綿の割合が多い(多分?)と

やや薄くはなるものの染めることができます。


結果、【濃色前処理剤】は(少し手間だけど…)前処理はした方が色が安定すると思います。

また別で実験した際にはこちらでアップさせてもらいますね!

0コメント

  • 1000 / 1000